ホームページは読みやすい文章が大事

ホームページは読む人の気持ちになって文章を書く

ホームページ作りをされる方は、そこで文章を書く事が出てきます。画像だけを貼り付けたサイトを除き、文章がホームページのコンテンツの一つでもあり、訪問者が見る部分だからです。そして、ホームページの文章をこれから書かれる方は、読む人の気持ちになって書きましょう。
例えば、読んで欲しい人が誰なのかを想定して、書き言葉を変えるというのも良い方法です。コラム系のサイトにしたいならば、読み手に訴えかける「ですね」「ますよね」と言った文末にするのも良いでしょう。その他にもわかりにくい漢字があったら「ルビ」をつけるというのもちょっとした配慮になります。せっかく書いても誰も読んでくれないと、その時間が無駄になりますので読み手の気持ちになり書くことが大切です。

適宜文字を装飾してよりわかりやすい文章に

また、その他のテクニックとしては、適宜文章や文字を装飾するのも効果的な事があります。重要な部分やキーワードがあったら、その部分の文字を大きくすれば、読み手へすんなりと伝わることも多いです。
また、ホームページはHTMLタグを利用することで、文章をセンタリングしたり、カラーリングを変えたり背景色を変更したりと出来ます。白黒の味気ない文章が適切なこともありますが、装飾のある文章の方がわかりやすいケースも多いので、うまくそれらのホームページの機能を活用して行きましょう。その他、一度書いた文章を第三者の方に見てもらって訂正するのもオススメです。誰かに見てもらえば、自身の文章の癖や分かりにくいところを指摘してもらえることもあります。

納得のホームページを作るには、ホームページ制作の見積もりを、複数の会社から取るのがコツです。似たような内容でも価格にずいぶんと開きがあるものです。