宣伝効果が高いホームページを制作するために

伝えたいキーワードを頻繁に扱おう

ビジネスの社会では、何かしらの文章を伝える場合、ある程度決まったビジネス文章があります。例えば、自分自身が所属する会社の事を弊社として現す事もあります。インターネットの世界は、弊社としての言葉が多く扱われていまして、記憶に留めにくい事も起きてしまいます。
野菜会社であれば、野菜会社では、と現した方が記憶に留め易くなります。つまり、宣伝効果を更に高める事も可能です。ホームページ制作で扱う文章に対して、適度に設ける事によって、頻繁に目に留めてもらう事も期待できます。
伝えたいキーワードを扱う場合は、押しすぎる文言を扱う事に注意も必要です。押しすぎる内容は、人の心理に対して、倒れない様に逆の力が働いてしまう事もあります。ユーザーの立場に立ち、ユーザー目線で考える事も大切です。

非常識を取り入れる制作方法

一般的に、常識は望ましく、非常識は望ましくないと考えてしまう人もいます。常識ばかりのホームページが多く溢れば、特徴を見出す事が出来なくなってしまいます。例えば、運動会での帽子の色が、全員白と言う常識の中では、人を特定ししにくくなってしまいます。一人が他の色の帽子を被っていれば、その人を特定し易くなります。
ただし、特定の中には、良い特定もあれば、悪い特定もあります。違和感を与えずに魅力的な非常識を考える事もポイントです。ホームページの背景色は、白が最もよく利用されています。背景を白とした黒文字は、最も見易さを現す視認性が高まるためです。ただし、他のホームページとの差別化に欠けてしまいます。同じ様なスタイルのホームページがつまらなければ、同じ様なデザインからつまらない内容だと感じさせてしまう可能性もあります。海外では、文化の違いから日本人にとって非常識の内容も多くあります。海外のホームページを参考にする事も、宣伝効果を高める参考資料とする事をお勧めします。